シミ取り化粧品が年齢を重ねた肌へアプローチし悩みを解消してくれます

シミにお悩みの方へ

女性は常にお肌の悩みを抱えています。
年齢を重ねるとともにその悩みが増えていくのではないでしょうか。

 

シミやくすみもその一つです。

 

シミがどういうものなのか簡単に説明します

シミを気にする女性

紫外線などが原因でメラニン色素が体に蓄積され、それによる色素沈着で皮膚が茶色や褐色色に変化してしまうことです。

 

その他の原因として、睡眠不足ホルモンバランスの崩れ加齢による代謝の低下などもあげられます。

 

肌の表面にあらわれているものだけでなく、肌の下で育っているものもあるのです。

 

 

まず、シミ問題に悩んでいる方の為にシミ取りに効果的な化粧品をご紹介します。

商品名 価格 試用期間 評価
b.glen 1,800円(税抜)~ 7日間 S
アスタリフトホワイト 1,000円(税抜) 5日間 A+
POLAホワイトショット 7,020円(税込)~ 1.5ヶ月~ S
Decenciaサエル 1,480円(税込) 10日間 S
AMPLEUR 1,590円(税込) 7日間 A
ロスミンリペアクリーム 3,800円(税抜)~ 約1ヶ月 A+
マルガレッタ 1,980円(税抜) 約1ヶ月 B
ホワイトロジー 900円(税抜) 7日間 A-
APP-Cフラセラム 6,048円(税込) 約1ヶ月 B
リフトケアジェル 3,795円(税抜) 約1ヶ月 B-
DERMED 1,200円(税込) 7日間 B+
サイクルプラス 2,800円(税抜) 約1ヶ月 B-
シズカニューヨーク 3,880円(税抜) 約2ヶ月分 A

 

  • 商品名…シミ取り化粧品の商品名です。
  • 価格…「初回購入」で購入した場合の価格となっています。
  • 試用期間…初回購入トライアルセット内容量のお試し期間となっています。
  • 評価…価格、成分、口コミなどを総合評価して当サイトが独自に行っている評価です。

 

 

Decencia(ディセンシア) サエル

サエル画像

Decencia(ディセンシア) サエルの特徴

「美白が効きにくい」そんな悩みをもっている女性は多いのではないでしょうか。
ディセンシア・サエルシリーズは、なんと約87%の人が肌に透明感が出てきたと実感しているようです。
雑誌などメディアからも評判が高く、人気の商品となっています。
サエルはメラニンの生成を抑え美白成分が効きやすい肌に整え、シミを目立たなくしてくれます。
敏感肌の人でも安心して使うことができますので、美白を実感出来る「シロ」をまずはお試し下さい。

価格 1,480円(税込)
評価 評価5
送料 無料

 

アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイト画像

アスタリフト ホワイトの特徴

根強いシミやこれからのシミの元に!
富士フイルム独自のナノテクノロジーがシミ+美白を可能にしました。
極小化した「ナノAMA」の開発に成功し、シミの骨組みにアプローチしてくれます。
また、赤のチカラ「アスタキサンチン」や大きさの異なる3種のコラーゲンを配合したことにより顔にハリや潤いを与えてくれます。

価格 1,000円(税抜)
評価 評価5
送料 無料

 

b.glen (ビーグレン)

b.glen (ビーグレン)スクショ画像

b.glen (ビーグレン)の特徴

ビーグレンはシミ・くすみ・美白に特化した商品です。
独自の浸透テクノロジー「QuSome」を採用しており、成分を角層の奥まで届け悩みにアプローチ!
いい成分が入っている商品でも、なかなか気になる場所へ成分が届かないということがあります。
そんな事のないように、成分を超微小カプセルに包み、浸透しにくい角質の奥まで成分を届ける技術に成功したのです。
その浸透力を自分の肌で体感してみて下さい。

価格 1,800円(税抜)
評価 評価5
送料 無料

正しい紫外線対策をしよう

このサイトでは、シミ問題に悩んでいる方の為に
シミの基礎知識シミが出来てしまった時の治療法などをご紹介しています。

 

まず、1番身近にある原因は紫外線です。

 

紫外線はお肌の大敵!

 

というのは皆さんもよくご存知かと思いますが、きちんと紫外線対策をしているのに何故か秋めいた頃にはこんがり・・・なんて経験はありませんか?

 

太陽

 

今一度正しい紫外線対策をおさらいして、

大切なお肌を紫外線ダメージから守りましょう。

 

多くの方がうっかりしてしまうのが、冬のやわらかい日差しの季節や曇りの日です。

 

今日はお天気が良くなくてお日様もでてないし・・・と紫外線対策を怠っていませんか?
紫外線は365日お天気にかかわらず降り注いでいます。

 

曇りの日も晴れの日の60%程度の紫外線量となっていますので、お天気に関わらず紫外線対策を行ってください。

 

 

次に、紫外線グッズの日傘やつばの広い帽子をかぶり、日焼けグローブをしているから日焼け止めは大丈夫・・・とお考えの方。

 

これも実は間違いです。

 

実は紫外線も光と同じように反射をします。
ですので、いくら日傘や帽子をかぶって上からの紫外線をカバーしているようでも反射紫外線の影響でアスファルトやビルの壁など、あらゆる方向から反射してダメージを受けてしまいます。

 

日焼け止めを塗る女性

いくら日焼けグローブをしているからと言っても、
使用回数が増えれば洗濯をしてカバー力が落ちたりします。

 

また、長時間屋外に居たりすればグローブを通して
紫外線ダメージを受けてしまいます。

 

日焼け止めを塗って、その補助として紫外線グッズを使用しましょう。

 

 

意外と多い間違いが、日焼け止めの使用量が少ない事です。


いくら効果が高い日焼け止めを使用しても、規定の量を使用しなければ当然効果は下がってしまいます。

 

べたつきが気になったり、高価なものだからと使用量を間違ってしまうと結果、日焼けをしてしまった・・・なんてことになりますので使用前に説明書きをきちんと読んで正しく使いましょう。

→日焼け止めの正しい使い方とは

 

洗顔を見直してみよう

美肌のなるために・・・と考えると、真っ先に思いつくのが紫外線対策や美白化粧水や美容液がありますが、美肌を目指すためには<洗顔>も重要な役割をしています。

 

たかが洗顔・・・と考えている人は要注意!
たかが洗顔・・・と考えている人は要注意!

 

洗顔でお肌をキレイにも保つことも出来ますし、くすみやシミなどの肌トラブルを抱える原因にもなるのです。

 

 

そこで意外とみんなやってしまう間違った洗顔の仕方をまとめてみました。

 

ゴシゴシ力任せに洗ってしまう

メイクを1度で落としたかったり、汚れを残さない様につい力をいれてゴシゴシ洗ってはいませんか?せっかく洗顔料を泡立てたのにクッションの意味がなってしまいます。
力を入れすぎると肌のバリアを壊してしまい必要な皮脂まで落としてしまう為、肌の乾燥が進み小じわやシミの原因になってしまいます。
ポイントはてのひらで洗顔をするのではなく、指の腹で優しく洗う事です。

 

冷たい水で洗顔をすると肌が引き締まる

洗顔をするときに冬でも冷たい水でおこなうと肌が引き締まって良い…と、水で洗顔をしていませんか。
確かに、熱いお湯で洗顔をしてしまうと必要な皮脂まで落としてしまう事になるので乾燥してしまいますが、冷たい水で洗顔をしてもお肌が引き締まっているのではなく毛細血管が収縮してお肌がつっぱっているだけなのです。
乾燥肌の方は25℃程度、脂性肌の方は35℃程度を目安に洗顔するのをオススメします。

 

汚れを気にして何度も洗ってしまう

皮脂やニキビが悩みの人がついやってしまう事…それは1日に何度も洗顔をしてしまう事です。
何度も洗顔してしまうと必要な皮脂を落とすと共に肌のバリア機能も低下してしまい結果肌トラブルを悪化させてしまいますので逆効果になってしまいます。
洗顔は基本的には朝・晩の2回で十分です。

 

キレイな肌になりたいために洗顔を頑張るあまり、間違った洗顔をして肌トラブルが悪化してしまったら悲しいですよね。
正しい洗顔をしてキレイな肌を目指しましょう。